FC2ブログ

千代田区の美容室ブログです☆

美容室好きな人集まれ??!!<着付け・エクステ・ドレッド・縮毛矯正・ストレート・カラー・パーマ・カット・アップ・シャンプー・トリートメント>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケーキ

デフレ不況と円高が加わった師走が1日、スタートした。かきいれ時の百貨店やスーパーなどでは、安さを売り物に、外出を控えがちな〈巣ごもり消費者〉の財布のひもを緩めようと躍起。

 一方で、省エネ、健康志向に合わせて高い付加価値を付けて消費者のニーズをとらえ、売れ行き好調の高額商品も登場した。

 「今年のクリスマスケーキは、家で過ごす『巣ごもり』がキーワード」

 阪急百貨店梅田本店(大阪市北区)の担当者はいう。カップルや少人数向けに、2000円ぐらいの小ぶりのものをそろえた。

 近鉄百貨店阿倍野本店(同市阿倍野区)では、昨年より4000?5000円台を減らし、3000円台に力を入れた。関西スーパー(兵庫県伊丹市)も、売れ筋の5号(直径15センチ)を去年の2280円から300円値下げ。大阪市北区の洋菓子店の運営会社は“ダウンサイジング”を図る。3000円台の5号だけでなく、2000円台の4号(同12センチ)の商品を増やす。

 秋冬物から冬物へと衣替えする時期を迎え、衣料品の値下がり傾向は深刻だ。紳士服販売大手の「はるやま商事」(岡山市北区)は10月、全商品の4割が対象の半額セールを実施。ところが、「悲しくも、お客様の反応が乏しかった」(広報担当者)。そこで全商品の8割を対象の半額セールを1週間前倒しし、すでに百貨店でも売られている1万円以下の紳士スーツも販売する。

 忘年会も間もなくたけなわ。すかいらーくが、低価格レストラン「ガスト」を多店舗展開したように、外食産業の中でも、業態そのものを見直す動きもある。

 居酒屋チェーン大手ワタミグループは、コストなどを基本から徹底的に見直した低価格の新業態を展開する方針だ。



今年の
ケーキ

みんな
どうするんでしょうね
これから
クリスマス
だけども
あーーー


スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。